スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本後半ロスタイムに吉田が決勝点 北朝鮮下し白星発進



日本後半ロスタイムに吉田が決勝点 北朝鮮下し白星発進

サッカー日本代表は2日、埼玉スタジアムでブラジル・ワールドカップ・アジア3次予選の初戦となる北朝鮮戦が行われて、後半ロスタイムに吉田麻也がゴールを決め、ホームで1-0で勝利し白星スターオを飾りました。

日本はスターティングメンバーにGK川島永嗣、DFは右から内田篤人、吉田麻也、今野泰幸、駒野友一、MFはボランチに長谷部誠と遠藤保仁、2列目は香川真司が左サイド、負傷離脱した本田圭佑が抜けたトップ下には柏木陽介、右サイドは岡崎慎司、1トップに李忠成という4-2-3-1の布陣でスタート。
また、北朝鮮代表はボーフムFWチョン・テセ、仙台MFのリャン・ヨンギ、アン・ヨンハッらが先発した。

時折、激しい雨がたたきつけた序盤、 立ち上がりからボールを試合する日本だが、引いた北朝鮮の守備に手こずり、そして雨で濡れたピッチの影響もあってかなかなかシュートまで持ち込めない。
それでも圧倒的にボールを支配すると、徐々に北朝鮮ゴールを脅かす。
日本の初シュートは24分、遠藤の縦パスを李が落とし、柏木が右足で狙うが、これは大きく枠を外れる。

32分には右サイドから柏木がクロスを挙げ李忠成のヘディング、その1分後には香川がミドルシュートを放つなどチャンスを作ったが、ゴールには至らず。
結局、両チーム共にリスクを避けた戦いを展開した前半はスコアレスで終了した。

前半同様、日本が試合を支配し、北朝鮮ゴールを脅かす。
後半15分、日本は柏木に代えて清武弘嗣を投入すると、その清武が立て続けに際どいシュートを放ち、攻撃に勢いをつけます。 次いで李に代えてAマッチ初出場の長身FWハーフナー・マイクをピッチに送り出し攻撃のオプションをさらに増やす。
攻撃のリズムをつかんだ日本はたびたび決定機を迎えるが、最後のところでゴールが奪えな
83分には北朝鮮にレッドカードが提示され、日本は数的優位に立つものの、どうしてもゴールを奪えない。
しかし後半ロスタイム、清武のアシストから吉田がヘディングでついに決勝点!!
結局そのまま逃げ切った日本は、本田不在の攻撃に一抹の不安を残したとはいえ、勝ち点3を獲得し、幸先の良いスタートを切った。
日本代表は次節6日、敵地でウズベキスタン代表とW杯アジア3次予選の第2戦を戦う。

スポンサーサイト

タグ: サッカー日本代表 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。